抱き枕「痛スポ」が内山亜紀とコラボレーション! 「内山亜紀おかえりな祭プロジェクト」始動!

痛スポ

以下、メーカーの発表したプレスリリースを掲載しております。
※サイト掲載への都合上、画像点数等が異なる場合がございます。ご了承ください。

「内山亜紀おかえりな祭プロジェクト」内山亜紀☓痛すぽ 音声付抱き枕カバー制作PJ

1980年代を代表する漫画家内山亜紀の描き下ろしイラストに、 なでなですると音声が流れる抱き枕「痛すぽ」がコラボした「内山亜紀おかえりな祭プロジェクト」が、 クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて4月21日(金)午前10時から開始される。 クラウドファンディングの受付は5月28日(日)まで行われる予定。 リターンとして内山亜紀漫画原画入りマグカップ、 内山亜紀イラストタペストリー、 内山亜紀描き下ろし抱き枕カバーや痛すぽセンサーセットなどが用意されている。

なでなでするとキャラクターの音声が出る抱き枕カバー「痛すぽ」を展開する株式会社ジョイアス( http://joyas.jp )は、 1980年代を代表する漫画家であり、 ロリコン漫画で人気を博した内山亜紀とコラボして、 内山亜紀描き下ろしイラストによる音声付き抱き枕カバーを製作する「内山亜紀おかえりな祭プロジェクト」をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて開始致します。

「内山先生の帰ってくる場所を一緒に作りましょうよ」

たった一言で意気投合し、 内山亜紀おかえりな祭プロジェクトが始まりました。 今までにない抱き枕のイラストを内山先生に描いていただく。
そうする事により、 内山先生の帰ってくる最初の場所を提供できる。
そして、 お母様のためにも内山亜紀をサポートする。
それが「内山亜紀おかえりな祭プロジェクト」です。

内山亜紀おかえりプロジェクト

・内山亜紀(うちやま あき)
東京デザイナー学院卒業後、 会社勤務を経て、 1979年に『漫画ハンター』でデビュー。 初期は劇画タッチで標準的な成人漫画を描いており、 やがて内山亜紀名義でロリコンマンガを描き始めて人気を博した。 その人気ぶりや、 斬新な絵柄をみて、 大御所であった手塚治虫が内山を意識していたという。 『月刊OUT』や『レモンピープル』で活躍し、 1982年には『週刊少年チャンピオン』に連載『あんどろトリオ』を執筆。 ロリコンマンガの売れっ子ナンバーワンとなり、 一時期は月産160ページを誇っていた。 ロリコンブームが終息した90年代以降は活動の場を同人誌やホームページに移している。

・株式会社ジョイアス
2014年5月設立。 2016年4月にクラウドファンディングサイト「makuake」で成功を収めた音声抱き枕「痛すぽ」をリリースし、 話題を集めた。 2016年9月には美少女ゲームとのコラボによるクラウドファンディングにより4000万円弱を集め、 今回この経験を活かし 「痛すぽ」を搭載した内山亜紀先生オリジナルの抱き枕カバーを製作する。

痛スポ