ORSO、第12期決算を発表。当期純利益は前期比5倍弱の1億2113万円。

ドローンに関連した事業やスマホゲームの開発サポートを行う。今期は大幅な増益を達成。

株式会社ORSO(以下、ORSO)は、8月10日付の官報に第12期決算公告を発表。当期純利益は約1億2113万円となった。前期の決算(第11期純利益約2473万円)と比べ、5倍弱と大幅な増益を果たした。

株式会社ORSO第12期決算 株式会社ORSO第11期決算

ORSOは、ドローンに関連する研究開発などを積極的に行っており、操縦者向け教育アプリ『DRONE STAR』を開発。大分県の観光用映像の撮影、編集などにも携わっている。

また、携帯関連コンテンツ(ゲーム、メニュー、アニメーション等)の企画・制作・運営業務をはじめ、コンテンツ制作ツール、システム、エンジンの開発、携帯コンテンツに関するコンサルティング業務、インターネットによる通信販売も行っている。

スマホアプリでは、『FINAL FANTASY Record Keeper』や『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』などに携わっている。