BOI、販売費の減少や投資先行により売上高と営業利益が前期比微減 営業利益5億円 2019年9月期決算

『幻獣契約クリプトラクト』と『ミトラスフィア』以外のゲームサービスを終了。既存IPの海外展開や新作ゲーム開発など積極的に投資を実施。

株式会社バンク・オブ・イノベーション(以下、BOI)は、2019年9月期決算を11月12日(火)に発表した。当期経営成績は、売上高42億9500万円(前期比15.0%減)、営業利益5億2600万円(同比0.2%減)、経常利益5億1500万円(同1.2%増)、当期純利益3億7300万円(同2.9%増)だった。

BOI決算 BOIサマリー BOI営業利益

経営成績に関する説明

配信中の『幻獣契約クリプトラクト』と『ミトラスフィア』に関しては、各種キャンペーンや新機能の実装アップデートなどを行なったが、継続的に取り組んでいるプロモーションの効率化が影響し、売上高は前事業年度比で減少した。

また、新作ゲームアプリの開発費用や、既存ゲームアプリのIP展開費用(海外展開を含む)、新規スマートフォン向けサービスの開発費用など、成長に向けた投資を積極的に実施。

ユーザーとのエンゲージメントを高めるための施策として、リアルイベント「クリプトカフェ」を東京と大阪で開催したほか、『ミトラスフィア』の2周年記念キャンペーンの一環として、ゲームキャラクターによるオリジナル楽曲を発表するというはじめての試みを行なった。

以上の結果、当期の経営成績は、売上高42億9518万円(前期比15.0%減)、営業利益5億2654万円(同比0.2%減)、経常利益5億1532万円(同1.2%増)、当期純利益3億7391万円(同2.9%増)となった。

関連サイト

株式会社バンク・オブ・イノベーション公式サイト
2019年9月期決算短信〔日本基準〕(非連結)
2019年9月期通期決算説明資料