駿河屋運営のエーツー、新型コロナウイルスの影響を受けた人への雇用強化を発表

新型コロナウイルス感染症で影響を受けた人たちを対象に、全国各地で中途採用とアルバイト採用を強化

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア通販&リアルショップの「駿河屋」を運営する株式会社エーツー(以下、エーツー)は、新型コロナウイルス感染症の急速な景気後退によって、内定取り消し等の影響を受けた人を対象に、臨時の新卒採用を実施することを発表していたが、その取り組みの第二弾として、景気後退により倒産や労働時間の短縮等の影響を受けている人を対象に、中途採用・アルバイト採用を行なう。

エーツー

今回の新型コロナウイルス感染症に端を発した急速な景気後退は、実際に企業の倒産などの報道も相次いでいる。

エーツーが事業を展開するリサイクル業界は不況に強いといわれており、過去の不況期にも通信販売やホビー系商材の取り扱いを強化することで、堅調に業績を伸ばしてきたことから、働く機会を失ってしまった人たちに対して、一企業として少しでも就業の機会を提供し、地域貢献ができればと考えているという。

今回の募集は、景気後退により倒産やリストラの通達を受けたり、労働時間の短縮等の影響を受けている人たちが対象。全国各地で中途採用やアルバイト採用について強化する取り組みを実施する。

採用に関しては、動画での会社説明会やウェブによる面接なども取入れ、スピード重視で実施するとのこと。

詳しい募集要項などは、関連リンクを参照してほしい。

エーツー緊急採用強化ページ

関連リンク

株式会社エーツー Webサイト