インターネットサービス運営会社ジラフ、準備金の額の減少公告を官報に掲載

匿名質問サービス「Peing-質問箱-」やトレーディングカードの売買に特化したフリマアプリ「magi」の運営会社。

株式会社ジラフは、12月28日付の官報に準備金の額の減少公告を掲載し、資本準備金の額を4億8327万円減少することを発表した。

ジラフ 準備金

ジラフはインターネットサービスの企画、開発、運営をはじめ、中古機器の買取や販売を行なっている企業。匿名質問サービス「Peing-質問箱-」や、トレーディングカードの売買に特化したフリマアプリ「magi(マギ)」などを提供している。

関連サイト

株式会社ジラフ公式サイト