CATEGORY 企業動向

タカラトミー決算

タカラトミー、日本市場の販売好調とアジア市場への輸出増加により営業利益137億。平成30年3月期第3四半期決算。

映画やTVアニメ関連商品が国内外で販売が好調。「究極のTKG」などのクッキントイがメディアで紹介され注目を浴びる。 株式会社タカラトミーは、平成30年3月期第3四半期決算を2月7日に発表した。当期連結経営成績は、売上高1…

フィールズ決算

フィールズ、大幅に改善するも営業損失36億。遊技機販売に依存しない事業構築が課題。平成30年3月期第3四半期決算。

「ウルトラマン」最新作を含めて6作のIP映像を展開。有力パートナーとの協業で様々なメディアでの展開を目指す。 フィールズ株式会社(以下、フィールズ)は、平成30年3月期第3四半期決算を2月7日に発表。当期連結経営成績は、…

セガサミー決算

セガサミーHD、『マギレコ』『龍が如く 極2』など、新作好調も減収減益、営業益256億円。平成30年3月期第3四半期決算。

ゲームセンター事業で前年同期比売上高2倍など、エンターテインメントコンテンツ事業は好調も他事業で減収減益。 セガサミーホールディングス株式会社(以下、セガサミーHD)は、平成30年3月期第3四半期決算を2月6日(火)に発…

スクエニ決算

スクエニHD、『NieR:Automata』など、過去タイトルの販売好調で営業益337億。平成30年3月期第3四半期決算。

スマホゲームなどの既存タイトルが国内で好調に推移。映画やアニメなどのメディアミックス効果によりコミックや電子書籍の売上が増加。 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(以下、スクエニHD)は、平成30年3月期第…